ネットワークビジネスを成功させる集客術~勧誘が楽しくなる魔法の方法とは!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワークビジネスの確定申告、気をつけたい経費区分!

ネットワークビジネスの確定申告、どこまで経費にできるのか気になりますよね。

意外にも見込める経費による節税。
その方法を紹介します。


ネットワークビジネスでの経費に区分されるのは、次の3つです。
・アポの際の飲み物、食事代
・移動費
・登録費、製品代

ネットワークビジネス自体がグループを大きくするということで
人とある約束のために使うお金は経費になります。

なので移動費、喫茶店での飲み物や食事代は経費にできるのです。

また、報酬をもらうための条件でもあるディストリビューター資格の維持費。
収入にするために必要なことなので登録代や製品購入の代金も経費に区分できます。

ですので、今のうちからレシートの整理をしておいたりして、
年度末の申請をササっとできるようにしておきましょう!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。